© CAPS ASSOCIATION, INC.

手づくりのあたたかさをクリスマスに

千駄ヶ谷の街はクリスマスツリーを飾るお店も増えて、ホリデーシーズンを迎える雰囲気に包まれています。


ぎゃらりいたねからでも、手づくりのオリジナルのクリスマスグッズを販売しており、皆さまよりご好評をいただいているので少しご紹介させてください。


一番人気のクリスマスリースは、森の香りが感じられるフレッシュもみの木リースと、色あせなどがしにくいプリザーブドリースの2種類をご用意しています。


フレッシュもみの木リースのベースになるもみの木は、森林セラピー基地があることで知られる長野県佐久市まで行って仕入れてきました。リボンや木の実などのオーナメントもできる限り手づくりした、ぎゃらりいたねからのオリジナルです。そしてプリザーブドリースのほうも自分たちでプリザーブ加工を施して、オーナメントで飾った手づくりの一品ものです。


リースは店頭に飾っているので、これが気になってぶらりと入ってこられるお客さんがたくさんいらっしゃるので、苦労して手づくりした甲斐があるというものです。


お店に入っていただくと目に飛び込んでくるのが、ぎゃらりいたねからオリジナルのクリスマスツリーではないでしょうか。


こちらもプリザーブドフラワーや木の実などをアソートし、独自に手づくりした大人のクリスマスツリーになっています。キラキラ光るライトはありませんが、リビングやベッドの枕元に置くと、師走で忙しい毎日にうるおいを与えてくれるインテリア小物になります。


また、クリスマスバージョンのハーバリウムはいかがでしょうか?ハーバリウムは、専用液に満たした瓶に花や植物などをイキイキと閉じ込めたインテリア小物として話題になっていますね。皆さんも街のあちこちで見かけられると思います。


ぎゃらりいたねからではもみの木や赤い木の実、松ぼっくりでクリスマスらしさを出しながら、エンジ色の飾り房で少しゴージャスさも加えた夢のあるオリジナルデザインに仕上げました。ホリデーシーズン後も、通年置いていただいても違和感はなく、おしゃれな雰囲気をかもし出すのではないかと思います。


いかがでしょうか。植物ならでは、手づくりならではのあたたかさがあるクリスマスグッズでホリデーシーズンを迎えられてはいかがでしょうか?


ぎゃらりいたねからでは12月下旬に入るとお正月を迎えるしめ縄なども登場します。こちらもお楽しみに。

最近、急に寒さが厳しくなってきました。皆さまも体調を崩さぬよう、良いホリデーシーズンをお迎えされることを心よりお祈り申し上げます。

42回の閲覧