2019  Gallery

Nao Ogata Exhibition

緒方直青 展 「風の通り道。」

 

2019年4月25日(木曜日)〜5月12日(日曜日)

OPEN 12:00〜18:30(最終日は17:00迄)

※4月25、26日、5月8、12日の4日間、15:00より作家在廊。

※4月25日17時〜19時 ささやかなパーティを行います。

愛知県立芸術大学でデザインを学び、卒業後は絵本作家として活動・活躍の後、本格的に絵画の道に進んできました。好奇心旺盛、遊び心を持ちながらも鋭い観察力で動物や植物を描きます。生命あるものを愛おしむ心が作品にあふれ、物語を紡ぐように描き進み、観る者の想像力を掻き立て空想の世界へと誘います。

東京では15 年ぶり、当ギャラリーでは初めての個展になります。

平成の最後と新しい時代をつなぐ緒方直青の世界を、どうぞご高覧ください。

緒方直青 略歴
三重県津市生まれ。
愛知県立芸術大学デザイン科卒業。
児童書の挿絵等を手掛けながらグループ展・個展でタブローも発表。
現在は個展を中心に作品発表している。

寺尾直之 個展

​心魂〜kokorodama〜

 

2019年2月5日(火)〜11日(月)

13:00〜20:00 (最終日は17:00まで)

Opening Reception 2/5(火)18:00〜19:30

人なら誰しも持ちうる憎しみの感情や、ある不条理なできごとに対してわいた、問いかけにも似た真摯で素朴な想いがカタチになりました。

作家としては約10年のブランクを経て開催される寺尾直之 個展「心魂~kokorodama~」は、充電されたエネルギーが作品から静かに放たれているようです。

作家としてだけでなく、空間を含めたあらゆるデザインを手がけている寺尾氏は、造形作品だけでなく、展示空間全体をひとつのコンセプトでデザインされようとしています。

寺尾氏の創造力あふれるイメージとぎゃらりいたねからの空間がどんな化学反応を見せるのか。どうぞ、ご期待ください。

 

寺尾 直之

1972年東京都渋谷区生まれ

1995年東京造形大学絵画科卒

ぎゃらりい たねから企画

第1回 自然と抽象展 ”表現者の集い”

2019年1月15日(火)〜2月2日(土)

OPEN 13:00〜18:30 休廊:日曜日・月曜日

1月15日(火)17:00〜19:00ささやかなパーティを行います。

 

現実を自然と捉えれば、すべての芸術家は自然との対話を欠かして語ることはできない。

開いた右目で現実を眺めつつ、閉じた左目で創造する。

つまり、抽象で描く自然にこそ現実があると考えることは、見えないものを見ようとするとても素敵な芸術の楽しみ方だと思う。

 

 
 
 

© CAPS ASSOCIATION, INC.