三島樹一 展

ーつながり、ゆく。ー

2022年 5月10日(火) ~ 5月15日(日)

●12:00~18:00(最終日は16:00迄)

 

尊い命のシンボルの「まめ」。そして生物は単独では生きられない。

15年間に及ぶ「まめ」の制作はここから始まりました。「まめ」をつないでいくと意外な結びつきがあって面白く、調和のとれたフォルムを愉しむことができる。ところが最近、驚愕の出来事で落ち着かない。戦争で次々と尊い命が奪われているのをみて心が痛む。人間こそが互いの違いを認め、心を通わせながら繋がりを大事にできるだろうに、そう願う日々・・。

 

今展では新作をたくさん展示します。

お喋りするまめたちをご覧いただけましたら幸いです。三島樹一

三 島 樹 一  略 歴

 

1949  北海道幕別町生まれ  

1973  岩手大学教育学部教育専攻科(美術)修了

    上京後、彫刻家 鈴木実に師事

1980  54回国展 新海賞 /東京都美術館

    第1回現代日本具象彫刻展(6,7回)/千葉県立美術館

1987  61回国展 会友優作賞 /東京都美術館

               第21回現代美術選抜展 /文化庁

1989  足立区野外彫刻コンクール入賞 (東京)

1990  個展 /みゆき画廊(東京)

1992  個展 /みゆき画廊(東京)

1993  盛岡彫刻シンポジュウム企画個展 /彩園子画廊(岩手)

1999  個展 /日本橋ちばぎんアートギャラリー(東京)

2004  個展 /忠類ナウマン象記念館(北海道)

2009  個展 /村松画廊(東京)

2011  第10回あさご芸術の森大賞展 /あさご芸術の森美術館

2012  第1回あさごアートコンペティション

               優秀賞 /あさご芸術の森美術館

2014       第3回あさごアートコンペティション

               大賞 /あさご芸術の森美術館

2015       公募団体ベストセレクション美術2015 

               /東京都美術館    

               個展 / 幕別町百年記念ホール (北海道)

2016       個展 / 帯広市民ギャラリー (北海道)

2019       個展 / いりや画廊 (東京)

2020       個展 / 東京ガーデンテラス紀尾井町(東京)

現在   国画会会員 日本美術家連盟会員

DSC04771陽光.JPG
906850D5-1CBD-4909-BE85-C4CB5A9120F3.heic
067C10DC-759E-4D8A-B134-6FC37709A274_edited.jpg

榎本香菜子 展

ーミツバチの羽音は聞こえるかー

2022年 4月12日(火)~4月17日(日)

●12:00~18:00(最終日は16:00迄)

 

春になると庭にミツバチがやってくる。うららかな日差しを浴び、羽音を聞きながら花に水やりするのは心地よい。この世に花が存在しなかったら、どんなにか味気なく寂しいことだろう。

古代よりヒトはミツバチと共に生き豊かな食を得てきた。そのミツバチが減ってきている。作品のタイトルにもある「ハニカム(蜂の巣)の崩壊」とは単にミツバチのことだけを憂いているわけではない。世の中全体が、大きな欲望の渦の陰で均衡を失い、何かが崩れてきている。その音はだんだん大きく迫ってきているような気がするのだ。

 

ミツバチはそんなことも知らず、今日も明日も命を繋ぐために花から花へ、哀しき歓喜のダンス​を踊る。      榎本香菜子

作家コメント:個展に寄せて。

1951年 神奈川県横浜市出身

1966年 15歳より主体美術協会の故・森秀男氏に師事

1970年より主体展出品(‘76 ’77 ‘79年度佳作。’79年会員)

1972~‘74年 米国滞在

1976年 個展 シロタ画廊(銀座)

1977年 個展「ハローウィンの晩に」 ギャラリー・ヴィヴァン

1979年 個展「夜毎の旅」 シロタ画廊

1980年 文化庁現代美術選抜展  

1981年 今日のシュルレアリズム展・セントラル絵画館(高橋巌、横尾龍彦企画)

1982年 幻視の森展・セントラル絵画館(高橋巌、横尾龍彦企画)

1986年 トリックスター展・椿近代画廊企画(司修等と四人展)

1987~’91小品個展、グループ展多数

1992年 個展 櫟画廊(銀座)

1995年 個展「少年から」シロタ画廊 /絵本「なんてよぶの」福音館 出版

1998年 個展「ロシアの憂鬱」 シロタ画廊

2000年 絵本「なんてよぶの」韓国にて出版

2002年 個展「不安な散歩」シロタ画 /神奈川県美術展 U氏賞

2003年 絵本「ラファエラ」聖心侍女修道会より出版・清泉女学院副読本 (海外の修道会にも配布される)

2004年 主体美術損保ジャパン美術財団奨励賞 /「六洞展」夢松洞(鎌倉)

シックスセンス展 ギャラリー・ニケ(銀座)

2006年 個展 シロタ画廊 /損保ジャパン美術財団選抜奨励展・秀作賞

2007年 個展 画廊「楽」(横浜)

2009年 個展「闇に舞う声」 銀座スルガ台画廊

2011年 「梟の会・森秀男を偲ぶ三人展」 ギャラリー・アートポイント (銀座)

個展「うさぎ展」 夢松洞企画(鎌倉)    

2013年 個展「私も、うさぎ」 シロタ画廊       

2014年 都美術館企画・公募団体ベストセレクション展        

小品個展「蝸牛の夢」 Zaroff企画(渋谷/初台)

2015年 個展「MAZE」 画廊「楽」企画

2017年 個展「声なきものたち」シロタ画廊

映画をめぐる四人展 Zaroff企画

2018年 蜜蝋転写画/四人展 ギャラリー砂翁企画 (日本橋)

 「セルゲイ君のベラルーシ」写真展+小品展  画廊「楽」

2020年 個展「ミツバチの羽音は聞こえるか」 シロタ画廊

2021年 「KIZUNA2021」油画作家作品展/銀座スルガ台画廊企画 「一葉の手紙、もしくは書物へ」6人展Zaroff企画

img033_edited.jpg
3D9AEA9A-6966-4A83-B662-ABA3EE842EA7.jpeg
402E8C40-C076-402C-A18D-80AB36273839.jpeg